【スパイファミリー】最新話102話がやばい!速報ネタバレ感想考察「マーサの青春の終わり」

【スパイファミリー】最新話102話がやばい!速報ネタバレ予想&考察「」スパイファミリー

2024年7月22日(月)のジャンプ+掲載の『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)102話ネタバレ考察速報をお届け!

スパイファミリーの前話101話では、マーサが西国から母国の東国バーリントに帰るまでが描かれました。

敵に見つかるかもしれないという緊張感、飢えなどがマーサを苦しめますが、戦争が終わり、同胞と出会ったことで何とか帰国。

しかし、そんなマーサを待ち受けているのはどこまでも辛い現実なのか、それとも救い…?

ここではスパイファミリー102話のネタバレ考察、感想、展開予想などをお伝えしていきます。

スポンサーリンク

スパイファミリー最新話102話の展開を予想してみた

遠藤達哉著『SPY×FAMILY』(スパイファミリー、集英社)101話では、マーサが東国に戻れました。

読者の声、今後の展開予想は次のとおり。

スポンサーリンク

展開考察|マーサの回想がつづいた理由と決着

スパイファミリー101話登場の数十年前の地図と戦況
スパイファミリー101話登場の数十年前の地図と戦況(引用元:担当編集者林士平公式Xポスト

スパイファミリー97話から始まったマーサの物語は作者の予想をも超えて長期化しています。

戦争というものを描く上で省略してはいけない事柄だからなのか、今後のストーリーに大きく影響していくからなのか…

おそらく両方なのではないかと思います。

  • 自分の水まで配っていた優しいポールの遺族
  • 戦争の無意味さを嘆いていた口元に傷のある男
  • メガネのトミー

などが今後出てくるかもしれません。

さらっと地図も出ていましたが、こちらも貴重な情報ですよね。

また、この苦難つづきの帰路とヘンリーとの再会がマーサの絶望を深め、一回闇落ちしそうになるという展開もありえます。

もちろんマーサなら踏みとどまってくれると信じています。

遠藤先生のポストによると、102話で一区切りつくようです。

スパイファミリー102話では、戦争の凄惨さを知ったマーサが選んだ、兵士としてではない戦い方が描かれるはず。

スポンサーリンク

展開考察|マーサとヘンリーヘンダーソンの切ない再会?

スパイファミリー101話では、マーサが生きて東国へと到着。

マーサは帰ったら西国であったことをヘンダーソンに話したいと考えていたことから、マーサの希望と想いは変わらずヘンダーソンにあると分かります。

そのため、このままいくと、東国に戻ったマーサがヘンダーソンの結婚を知って絶望する展開に繋がりそう。

再会時にヘンダーソンが妻を連れている、再会前に妻と会う、人づてや手紙で結婚を知って会うのをやめる等々、色々なパターンがありえますが、いずれにしてもマーサが傷つくことは避けられません。

ヘンダーソンも選択の余地がなかったとしても、想いを貫けなかったと自分を責めることになるのかも。

スポンサーリンク

展開考察|マーサがブラックベル重工に行く前に?

スパイファミリー100話では、マーサを砲撃から守ったのはブラックベル重工製の戦車であり、マーサが感謝をしていたという描写がありました。

このままいけばヘンダーソンの結婚を知ったマーサが、あのとき守ってくれたブラックベル重工に恩返ししようというパターンになりそうです。

ただ年齢を重ねた現在のマーサは、ものすごく強い女性。

大手軍事企業ブラックベルCEOの娘を任せられるほどの存在となっています。

その強さの源と信頼されている理由がまだ描かれていません。

マーサが戦争に加担しないという理念に感銘を受けたとか、戦争の過酷さを知っている人物だとか、マーサとCEOの出会いがその理念を築くのに影響した等々。

102話以降でそんな重要なエピソードが入るのではないでしょうか。

スポンサーリンク

展開考察|アーニャがいた研究所の被検体001登場?

スパイファミリーアーニャは被検体001人の心を読める
アーニャは被検体001人の心を読める(引用元:アル

スパイファミリー98話では、生徒たちが気になる噂をしていました。

「そういや噂じゃ捕虜になった人が人体実験に…」

遠藤達哉著『SPY×FAMILY』(スパイファミリー、集英社)98話より引用

確かアーニャは研究施設で能力開発され『被検体007』と呼ばれていました。

アーニャがいた超能力の研究施設とこの噂は関連があるかもしれません。

もし本当ならかなり昔(98話は40年以上前の話)から研究がされてきたことになり、99話以降には被検体001が登場する可能もあります。

また、噂の出どころも気になります。

生徒の身内に施設関係者、あるいは施設に連行した軍の人がいるとか…?

97話ではヨルの所属する組織のマシューっぽい人がいたし、名門イーデン校には昔から重要な組織の人たち、その身内が集まっていたのかもしれませんね。

スポンサーリンク

展開考察|アーニャがダミアンに心を許しつつある

スパイファミリー96話では、アーニャがダミアンに自身最大の秘密「心が読めること」を打ち明けました。

アーニャはかつて研究所の人たちに、エスパーであることは誰にも話してはいけない(1話)と言われ、守ってきていたのに…。

父ロイドでも、母ヨルでもなくダミアンに言いました。

おそらく、直前にダミアンが見せた「孤独」にシンパシーを感じたり、ダミアンの人柄を信じていたり、惹かれていりするのではないでしょうか。

今後はこの絆がさらに深まり、あとあと事件やピンチの際にアーニャがエスパーの力を発揮、ダミアンが「本当だったんだ」と信じる展開に繋がると予想します。

スポンサーリンク

展開考察|アーニャの出生のヒントが出る?

>ちなみに「アレイスター・クロウリー」はイギリスのオカルティスト、著述家、登山家

スパイファミリー95話でアーニャが2位を取った古語のテスト1位のアーノルド・クロウリー君が登場しました。

アーニャは本人にも分からない理由で古語ができます。

自覚がないということは幼い頃に覚えたということでしょう。

アーニャの出生が東国(オスタニア)以外であるという可能性が高いです。

ちなみに、スパイファミリーの舞台はドイツがモデルとされていて、そこ近辺の古語と言えばラテン語。

ロイドはクロウリー家を重視していませんでしたが、アーノルドはアーニャに興味を持っていて、古語について話したいと言っていました。

パーティーではフラれましたが今後再びアーノルドが接触、古語の話でアーニャの出生の秘密のヒントが出るという展開もあるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

展開考察|学力別クラス分けでアーニャと親しくなるのは?

スパイファミリー95話でヘンリー先生は、学力別クラス分けで他寮との交流が増えると話していました。

アーニャの成績は下の方で、今親しいベッキーやダミアンとはちょっと差があります。

学力別クラス分けをしてしまったら今後は彼らと離れるはずなので、交友関係も少し変化しそうです。

95話のパーティーではダミアンだけでなく、ベッキーやアーニャもモテていました。

  • ベッキー…ナルキス・ヴヌボレー、アツカマー商事の長男等
  • アーニャ…アーノルド・クロウリー等

政略目的で油断ならない人物が接近してくる可能性もあります。

今回アーニャやベッキーに言い寄った人たち、今後言い寄る人たちの中に、パーティーで優勝した寮「ヴィリアーズ寮」の人もいるかもしれません。

その場合「皇帝の学徒インペリアルスカラー専用VIPラウンジでくつろげる権利」を譲る、それを使って誘うというパターンもある…?

スポンサーリンク

気になる読者の声|きつくても目をそらしてはいけないパート

スパイファミリー101話を読んだ読者の気になる感想、予想、考察をピックアップしました。

スパイファミリー101話を読んだファンは実際の戦争について考えている方が多かったです。

男装する、緊張感が緩んでしまって亡くなるといったことは本当にあることのようで、周囲の方から聞いた実体験を交えている方も少なくありませんでした。

また、マーサに求婚したポールについての反響も大きかったです。

死期を悟っていたから水を配ったんだろう、マーサへの求婚が成功していたら生きていただろうか等々。

暗くなる人たちを励まし、救ったポール。

こんな優しい人が戦争で人を殺めなくてはならない現実があるなんて…

次でマーサの物語が一区切りつくようです。

現在のマーサの雰囲気からするに、ベッキーとの出会いが一つの救いになったのは間違いないと思います。

どんな形であれ、マーサには幸せでいてほしいです。

スポンサーリンク

【スパイファミリー】最新話102話ネタバレ

スパイファミリー102話は2024年7月22日(月)更新のジャンプ+に掲載!

内容は次のとおり。

スポンサーリンク

【スパイファミリー】最新話102話ネタバレ|??

  • マーサが自宅で両親と再会、ゆっくり休んだあと学校へ
  • 休日だったため他の教師からヘンリーの住所を聞く
  • 走ってそこへ向かう途中、偶然にもヘンリーと再会、横にはヘンリーの妻もいた
  • マーサはおめでとうの言葉を絞り出し、時代と自分を恨む
  • 回想終了、話を聞いていたベッキーが号泣&絶叫
  • マーサはヘンリー(名前は伏せている)の妻はとてもいい人で、彼女と彼女の叔父のおかげでバレエの世界に戻れたと話す
  • ベッキーは戦争が悪いと断言する
  • ただマーサは色々なことが複雑に関わっている、分かった気になるのはダメだと話す
  • その後、マーサはヘンリーの妻(?)の墓参りへ行き、ヘンリーと会う
  • お茶に誘われてマーサ快諾
  • スパイファミリー次話103話は2024年8月19日更新

【スパイファミリー】最新話102話ネタバレ感想考察|マーサの青春…

スパイファミリー102話ではマーサの青春の回想がひとまず終わりました。

予想通り、マーサの失恋の描写はとても辛いものでした。

ただ恋が終わっただけでなく、後日談、ヘンリーの妻がいい人ということや憧れのバレエ団に入ったこと、舞台に立てたことなどが描かれていて良かったです。

また、さらっと2度目の戦争にも行ったことが描かれていて、マーサの秘密は全て明らかになっていない感じがしました。

年代的に、この2度目の戦争の方が本編と深くつながっているような気がします。

\こちらもおすすめ/

>>推しの子最新話の展開考察<<

>>チェンソーマン最新話の展開考察<<

>>【呪術廻戦】最新話ネタバレ考察<<

スポンサーリンク