チェンソーマン150話感想考察|バルエムがデンジの家族を奪う

チェンソーマン最新話150話|支配の悪魔ナユタの気まぐれは長くつづかない?チェンソーマン

2023年12月6日配信のジャンプ+連載中の『チェンソーマン』第二部150話のネタバレ考察速報をお届け。

チェンソーマン前話149話では、世界終末系の映画の世界観になりました。

デンジとナユタは家にいる犬と猫のために帰ろうとして、フミコと離れることに。

ただナユタはデンジの好意に免じて人間を殺さないことを約束しました。

いつまで味方してくれるのでしょうか?

ここではチェンソーマン150話のネタバレ考察、感想、展開予想などをお伝えしていきます。

\次話はこちら/

>>チェンソーマン次話151話の展開考察<<

\最新話考察はこちらから/

>>チェンソーマン最新話の展開考察<<

チェンソーマン150話の展開を予想してみた

ここでは藤本タツキ著『チェンソーマン』(集英社)150

話以降の展開について考察していきます。

ちなみに集英社公式サイト「ジャンプ+」(アプリあり)にて初回無料なので未読の方はぜひチェック!

ここから先は最新話までのネタバレを含みますのでご注意ください!

展開考察①|前話までのおさらい

まずはチェンソーマン第二部149話「悪魔の選択」のおさらい。

内容としては、

  • 街中にチェンソーマンを燃やせという声が上がり、デンジたちは隠れている
  • デンジが危なくなったらチェンソーマンになると言うとフミコは止める
  • ナユタは自分の方が強いからフミコの守りは不要と拒絶
  • デンジとナユタは家にいる犬と猫が心配になって帰ろうとする
  • フミコが止めるとナユタが攻撃、デンジがフミコを逃がす
  • ナユタはデンジに、悪魔の味方をしたらどうだと誘う
  • さらにナユタは、デンジがアサのことを気にしていることに気づき、好きなのかと聞く
  • デンジはキスをして痛い思いをしなかったのはアサが初めてだ打ち明ける
  • ただデンジはナユタの方が好きだと言い、ナユタは機嫌を直して人間の味方のまま
  • 次回、12月6日更新

以下で今後の展開考察をしていきます。

スポンサーリンク

展開考察②|ナユタの気まぐれは長くもたない?

チェンソーマン149話で気になったことは、

  • 家にいる犬と猫は無事なのか
  • ナユタはいつまで味方でいてくれるのか
  • フミコとクァンシは公安に戻れるのか
  • ヨルとデンジたちが家で鉢合わせしないか 等々

一つ目は犬と猫は一応大丈夫なのではないかと思っています。

藤本タツキ先生は作中であまり動物を死なせないので。

ただこれまで大丈夫だから安心はできません、タツキ先生なので。

二つ目、ナユタの気まぐれがいつまで持つのか。

現時点ではデンジの好意の大きさに免じてナユタは人間の味方をしてくれています。

しかし、その人間がデンジを傷つける可能性は高く、デンジのアサへの好意の大きさがいつかナユタを抜くこともありえます。

そうなったとき、ナユタが人間の敵になるかもしれません…怖い展開ですが、思う存分力を奮う支配の悪魔ナユタの姿も見たいです。

三つ目、デンジをかばってしまったフミコとクァンシの安否。

フミコはデンジの家には教会の連中にバレているから公安の施設に行こうと言っていました。

ただクァンシを銃撃した人って公安ですよね。

公安も施設によっては安心できる場所ではないのでは。

四つ目、ヨルとデンジが鉢合わせしないのかということ。

デンジの教会の人たちにバレているのなら、教会のヒーローをやっていたアサが情報を入手できますよね。

バルエムがアサに入らないよう操作している可能性はありますが。

もし鉢合わせした場合、ヨルvsチェンソーマンが実現するのかも…?

スポンサーリンクスポンサーリンク

展開考察③|読者はナユタの愛とデンジの教育をエモく感じる

チェンソーマン149話を読んだ読者の感想、考察の一部をご紹介。

読者の多くがナユタを危惧しつつも「チョロくてかわいい」と感じたようです。

また、家族にあまり恵まれなかったデンジが分からないながらも一生懸命育てた結果、今のナユタに繋がったことを感慨深く想う読者も。

あとデンジのキス経験が痛みとともにあることに同情している読者もかなり多かったです。

姫野先輩とのゲロキスから始まり、レゼの舌かみ切り…他にもたくさんの痛いキスをしているそうです。

そこにマキマさんとの間接キスも入っているのでしょうか。

胸が痛いキス?

スポンサーリンク

チェンソーマン150話ネタバレ

チェンソーマン150話は、1週休載を挟んで2023年12月6日(水)ジャンプ+にて公開。

内容は次のとおり。

チェンソーマン150話ネタバレ|タイトルは「夢の次」

  • デンジはナユタをおんぶして家路を急ぐ
  • 道中、死体はあるものの、日常を送る人は多い
  • デンジも早く日常に戻りたいと走り出したところ、ポチタの幻を見る
  • ポチタはデンジに次の夢を尋ねると、デンジはチェンソーマンになりたいと答えて幻終了
  • 家はバルエムによって燃やされていた
  • バルエムは他人のアサよりも家族の犬や猫の方がよく燃えるだろうとニヤつく
  • 三船フミコら公安到着、バルエムを攻撃
  • 背後からウェポンズの鞭登場
  • 次回は12月20日配信

チェンソーマン150話ネタバレ感想考察|ニャーコが!

チェンソーマン150話ではポチタが久々に登場。

夢を尋ねる姿に圧がありました。

さすが伝説的な地獄のヒーロー、かわいい姿でも貫禄があります。

サブタイトルが「次の夢」ではなく「夢の次」というのも意味深です。

叶える「夢」ではなく、理想としての「夢」や眠っている時の「夢」を指しているのかも。

後者のあとに待っているのは現実。

平和な日常を送って幸せになっていい、という幻想から目覚める時が来たことを示唆しているのかもしれません。

そしてチェンソーマンになりたいと答えるデンジ…。

チェンソーマンになりたい理由は、デンジに言わせればモテに繋がるからとか、カッコイイからとかになりそうですが、デンジにとっての自己実現、自己超越がチェンソーマンだからだと考えます。

また、デンジとナユタの家族が燃やされてしまいました。

デンジがアサに開けてはいけないと牽制していた部屋も一緒に燃えている感じですね。

もしそこに何かがいたのだとすれば、その存在が犬や猫たちを守ってくれた可能性もあります。

そうであってほしい…。

\次話はこちら/

>>チェンソーマン次話151話の展開考察<<

\最新話考察はこちらから/

>>チェンソーマン最新話の展開考察<<

スポンサーリンク