ワンピース1082話|バギーが海賊王目指して本格始動でサボ生存も判明!

ワンピース1082話|バギーが海賊王目指して本格始動でサボ生存も判明!ワンピース

2023年5月8日発売の週刊少年ジャンプ掲載のONE PIECE(ワンピース)1082話のネタバレ考察速報をお届け。

ワンピース前話1081話では、ガープのコビー救出劇を黒ひげ海賊団の一員となったクザンが阻止。

一方、勝者島では黒ひげがハートの海賊団を敗北させますが、ベポがスーロン化してローだけは連れ出しました。

クザンの迷い、ローの敗走の行方とは…?

ここではワンピース1082話のネタバレ考察、感想、展開予想などをお伝えしていきます。

ジャンプが発売されたら本誌掲載内容と感想を追記!

\最新話の詳しい考察はこちら/

>>ワンピース最新話の展開考察<<

80%還元デーを知らなくて損した人が悲惨すぎると話題!

ワンピース1082話の展開を予想してみた

ここでは尾田栄一郎著『ONE PIECE』(ワンピース、集英社)1082話以降の展開について考察していきます。

ちなみに週刊少年ジャンプは集英社公式サイト「ジャンプ+」(アプリあり)での定期購読がお得!

展開考察①|前話までのおさらい

まずはワンピース1081話”黒ひげ海賊団10番船船長クザン”のおさらい。

ワンピース1081話の主な内容は…

  • ガープとコビーが合流するもクザン来襲
  • クザンは2年前に利害の一致から黒ひげ海賊団10番船船長になっていた
  • ガープはクザンの迷いを見抜いて”海底落下(ブルーホール)”をたたき込む
  • 勝者島(ウィナーとう)ではポーラータング号は沈没してクルーも全滅
  • ベポだけがスーロン化(チョッパーが作った薬のおかげ)してローを連れて海に逃げる

以下で読者の反応、今後の展開などを考察していきます。

スポンサーリンク

展開考察②|ローの敗走と再起

南東=エッグヘッド→麦わらの一味 東=エルバフ→キッド海賊団 北東=勝者島(?)→ハートの海賊団
南東=エッグヘッド→麦わらの一味 東=エルバフ→キッド海賊団 北東=勝者島(?)→ハートの海賊団[1]週刊少年ジャンプ2022年36・37合併号掲載尾田栄一郎著『ONE PIECE』1056話より引用、青枠は追記

ワンピース1081話では、ハートの海賊団の敗北、ローとベポの敗走が描かれました。

ローはこのまま表舞台から去るような男ではないはずなので、今後ローたちはハートの海賊団のクルー救出に向け動き出すはず。

ただローとベポだけではさすがに力不足なため、誰かに協力を求めるのではないでしょうか?

もしロードポーネグリフを持ち出しているのだとすればそれを対価にするだろうし、ないのであれば軍門に下るという形で力を借りるかもしれません。

ワノ国出発時点で描かれた地図としては、北東が勝者島方面、東がエルバフ、南東がエッグヘッド。

東のエルバフ付近にいるはずのキッド海賊団が一番近く、麦わらの一味がいる南東エッグヘッドはその向こう側という感じです。

ベポはどこまで行けるのか…。

スポンサーリンク

展開考察③|ロードポーネグリフを持っているヒノキズの男はドラゴン?

顔に傷があり竜巻を起こせそうで黒い船に乗っているモンキー・D・ドラゴン
顔に傷があり竜巻を起こせそうで黒い船に乗っているモンキー・D・ドラゴン[2]左:ONEPIECE公式サイト、右:バンダイホビーサイト「ワンピース偉大なる船(グランドシップ)コレクション ドラゴンの船」より引用、青枠は追記

ワンピース1081話でロードポーネグリフを持っているというヒノキズの男の新情報が出ました。

黒い船に乗っていて、近づく船を巨大な渦でのみ込むそうです。

すでに登場しているキャラクターで、元大将であるクザンも知らなかった感じなので、海賊か革命軍の人物ということになりそうです。

革命軍であればやはりルフィの父モンキー・D・ドラゴンが怪しい…。

まず船が黒いです。

次に、1081話の黒ひげの「2つ」を表現するときの手のポーズも”竜の鉤爪”っぽかったし、龍であるカイドウにも竜巻の技がありました。

ドラゴンも竜巻のような技を持っていたとしてもおかしくないでしょう。

スポンサーリンク

展開考察④|ガープがクザンに負けて一番弟子vs愛弟子へ?

ワンピース1081話にて、ガープがクザンを押していました。

しかし、ガープは衰えを自覚していたし、クザンは迷っているからこそ受け身だったのであれば、ここからクザンが迷いを吹っ切って反撃に出る可能性はあるはず。

そうなればさすがのガープも敗色濃厚でしょう。

今後はガープが敗れ、ガープの一番弟子クザンvsガープの愛弟子コビー&ヘルメッポの構図になると予想。

コビーがさらわれては泣き、無事だと分かっては泣くヘルメッポもそろそろ活躍してほしいところです。

スポンサーリンク

展開考察⑤|読者はハートの海賊団敗北を悲しんでヒノキズの男を予想している

ワンピース1081話を読んだ読者の感想、考察ツイートを一部ご紹介します。

多くの読者は、クザンの黒ひげ入り確定とハートの海賊団の敗北を悲しんでいました。

やはり単独で四皇に挑むにはまだ早かったようです。

あとはヒノキズの男についての考察がたくさんありました。

ドラゴン、コラさん、新キャラ等々…どれも怪しく見えてきます。

また、黒い船で渦でのみ込むというところがパイレーツオブカアリビアンのデイヴィ・ジョーンズを彷彿とさせるという意見も多かったです。

ヒノキズの男、まだまだ謎多き存在のままなのでしょうか?

スポンサーリンク

ワンピース1082話ネタバレ

ワンピース1082話は、2023年5月8日(月)にて公開されました。

内容は次のとおり。

ワンピース1082話ネタバレ|タイトルは”取りに行こうぜ”

  • クロスギルドで賞金をかけられていたせいでTボーン中将殉職
  • 新世界カライバリ島でTボーン中将を消した貧民がバギーや一味から賞賛される
  • クロスギルドの船がバギー仕様でクロコダイルとミホーク激怒、バギーボコられる
  • 会議室でバギーがクロコダイルたちを挑発(バギーがシャンクスに期待していた過去回想が入る)
  • バギーがクロスギルドにワンピースを取りに行こうと叫ぶ→大喝采
  • 一方、カマバッカ王国でサボ生存が判明
  • サボはドラゴンとイワンコフにマリージョアであったことを話すと切り出す

ワンピース1082話ネタバレ感想考察|サボが生きていて良かった

ワンピース1082話で何よりも良かったのは、サボが生きていたこと。

後ろにモーダちゃん(エース主人公の表紙連載に出てきたミルク売りの子)やルルシアの国民もいたようで安心しました。

ルルシアで砲撃を浴びたような描写は「遠くからその様子を見た」ということでなのでしょう。

もしくは光りながら近づくものに気が付き、住民を急いで避難させたときのもの?

何にせよサボの話を聞いたあと、革命軍が動くことは確実。

革命軍と世界政府の全面激突も近いはず。

あと印象的だったのは、バギーの想いです。

バギーはやはり身の丈を知っていて、シャンクスに期待していたんですね。

だからこそラフテルを目指さないことに納得がいかず、別れることを選んだと…。

今後バギーが海賊王になるなんてことはないとは思いますが、勢力は大きくなっているし、もしかしたらいいとこまではいくのでは、と思ってしまいます。

\次話はこちら/

>>ワンピース次話1083話の展開考察<<

\最新話の詳しい考察はこちら/

>>ワンピース最新話の展開考察<<

まとめ

2023年5月8日(月)公開のワンピース1082話についてのネタバレ考察をしました。

ワンピース前話1081話では、ガープvsクザンとハートの海賊団の敗北が描かれました。

ただローはベポの助けもあり、命からがら勝者島より敗走したため、命は無事。

ワンピース1082話では、サボの生存とバギーの決意表明が描かれました。

元海賊王のクルー、世界一の剣士や元七武海の仲間、巨大な組織のトップにいる男バギー…ワンピース奪取に向けて、何か面白いことをやらかしてくれそう!

以上、ワンピース1082話ネタバレ考察をお伝えしました。

スポンサーリンク

脚注

脚注
1 週刊少年ジャンプ2022年36・37合併号掲載尾田栄一郎著『ONE PIECE』1056話より引用、青枠は追記
2 左:ONEPIECE公式サイト、右:バンダイホビーサイト「ワンピース偉大なる船(グランドシップ)コレクション ドラゴンの船」より引用、青枠は追記
タイトルとURLをコピーしました