ワンピース1101話感想考察|くまはフーシャ村でルフィのことを見ていた

ワンピース最新話1101話展開考察|くまが麦わらの一味に託した想いが判明?ワンピース

2023年12月11日発売の週刊少年ジャンプ掲載のONE PIECE(ワンピース)1101話のネタバレ考察速報をお届け。

ワンピース前話1100話では、くまがサターン聖の命令により、王下七武海に入り、自我を失う代わりにボニーの治療をしてもらう契約を結びました。

命令に従い、ボニーと別れを告げたくまは、ベガパンクによって着々と人造人間化を進めます。

そしてとうとう東の海で、あの一味と出会うことになり…?

ここではワンピース1101話のネタバレ考察、感想、展開予想などをお伝えしていきます。

\次話はこちら/

>>ワンピース次話1102話の展開考察<<

\最新話の詳しい考察はこちら/

>>ワンピース最新話の展開考察<<

ワンピース1101話の展開を予想してみた

ここでは尾田栄一郎著『ONE PIECE』(ワンピース、集英社)1101話以降の展開について考察していきます。

ちなみに週刊少年ジャンプは集英社公式サイト「ジャンプ+」(アプリあり)での定期購読がお得!

展開考察|前話のおさらい

まずはワンピース1100話”ありがとうボニー”をざっとおさらい。

ワンピース1100話では…

  • サターン聖が黄猿をベガパンクのところに向かわせる
  • サターン聖はベガパンクとくまに対し、くまが王下七武海に入り、改造人間化でくまの自我を失わせないとボニーを治療してはダメと脅す→くま快諾
  • 2年後にくまが自我を失うまで、ボニーはソルベ王国で監視をつけられることに
  • ソルベ王国に来た監視役はサイファーポールのカリファそっくりの「アルファ」
  • くまはボニーには何も言わないまま、生まれてきてくれたことに感謝し、別れる
  • くまが命令を受け、東の海に…

以下で読者の反応、今後の展開などを考察していきます。

スポンサーリンク

展開考察|黄猿は力をつけて機をうかがっている?

ワンピース1100話では、サターン聖の命令に従いながらも、くまたちと楽しそうに過ごす黄猿が描かれました。

やはり黄猿をただの敵と見るのは難しいです…。

以前ルフィに言っていた「力がねえのなら、救えねえもんは頑張ったって救えねえよお」(567話)が黄猿自身のことも含んでいるのなら、力を蓄えて機を待っている可能性もあります。

黄猿の目的が分かるまでは希望を持ちたいです。

黄猿も参加していた宴の効果音ニカの音頭(?)ドンドットだったし。

スポンサーリンク

展開考察|読者はくまがヒグマと会っていた可能性に言及

ワンピース1100話を読んだ読者たちの気になる感想をピックアップしました。

読者の多くはくまの運命の過酷さ、愛情に涙。

あとくまがフーシャ村に何目的で行って、誰と会っていたのかを予想している人が多かったです。

ルフィ、村長、マキノさん…

ただルフィは山にいたし、海賊になってから会っても何も覚えていなさそうでしたので、くまだけが一方的にルフィの存在を知っただけにとどまりそう。

実はマキノさんの子の父がくまなんてことはありえなさそうですが、人造人間化が進み、意識が混濁してマキノさんにジニーをを重ねてしまったとかなら極小確率であるかも。

また、くまとヒグマの出会いを予想する読者もいました。

1話で近海の主にやられてしまった伝説の山賊ヒグマ…再登場なるか!?

あとはドラゴンの故郷でもあるはずなので、一目見たかった、自我を失う前にメッセージを残したかったとかもありえるかも。

スポンサーリンク

ワンピース1101話ネタバレ

ワンピース1101話は、2023年12月11日発売の週刊少年ジャンプ2024年2号に掲載。

内容は次のとおり。

ワンピース1101話ネタバレ|12/9更新チョイ見せ

ワンピース公式サイトより、チョイ見せが更新されました。

くまがルフィ16歳(くらい)の修業風景の様子をうかがっていたシーンでした。

どうやらくまは、ドラゴン経由でルフィに興味を持ったようです。

それにしても16歳のルフィって貴重ですよね。

エースが新聞に載ったときに「すげーな」と言っていた時もそれくらいの年齢ですが、それ以来でしょうか。

チョイ見せでは足と声のみの登場で、それでも存在感ありました。

さすが主人公。

ワンピース1101話ネタバレ|タイトルは「ボニーへ」

  • 3年前、くまはフーシャ村に来た時にルフィ16歳が修行する様子をうかがっていた
  • その際、ドラゴンはルフィが自身の子だから弱点になると話したことを思い出す
  • ルフィはくまに気づかなかったが強い気配だけは気づいた
  • くまは再び海へ出て世界中からボニーに手紙を書くも、アルファに破り捨てられていた
  • ベガパンクが脳を移動した頃、くまとステューシーが出会って会話
  • コニーが機転を利かせ、病気が治ったボニーを海へ出す(仲間はギョギョ、トッツ、ポテト)
  • アルファが止めようとするも、ボニーがくまに聞いていたニカのような姿になって抵抗
  • 父を捜す漁船として出航するも政府に知られ海賊へと変貌

ワンピース1101話ネタバレ感想考察|くまのボニーへの愛

ワンピース1101話では、くまはルフィを見ていたこと、ドラゴンもルフィが弱点になるくらい大事だったことが判明。

大事だからこそ父として会いに来なかったのでしょうか。

いつかドラゴンの真意を聞きたいところです。

くまのボニーへの愛も相当ですが、ドラゴンの想いも強そうですよね。

また、コニーがボニーを9歳半で旅立たせていたことも分かりました。

王太后コニー、本当にいい人です。

それに引き換えアルファは手紙を破り捨てるなんて…。

手紙を読み、会いたくなると困るからでしょうか。

暗号の類を疑ったとか?

逆にくまのような人物が手紙を送ってこないと不審に思われることは想定外なのか…。

何にせよ、ボニーはアルファに一発お見舞いできたし、くまの愛は記憶を介して伝わったはずだし、そこは良かったです。

\次話はこちら/

>>ワンピース次話1102話の展開考察<<

\最新話の詳しい考察はこちら/

>>ワンピース最新話の展開考察<<

スポンサーリンク