スキップとローファー番外編&57話感想考察|みつみがミカたちに告白BIGLOVE認定

スキップとローファー番外編57話ネタバレ展開考察感想スキップとローファー

2023年11月25日(土)発売の月刊アフタヌーンに掲載される漫画『スキップとローファー』番外編考察、12月25日(水)発売号掲載の『スキップとローファー』57話ネタバレ考察をお届け。

スキップとローファー前話56話「くたくたの帰路」では、みつみちゃんたちが旅行最後の夜に恋バナや将来の夢を語りました。

一方、志摩くんも旅行に来て良かったと思っていましたが、梨々華から子役を辞めるきっかけとなった人物の写真が送られ、沈んでしまいます。

そのモヤモヤを母親へとぶつけ、自己嫌悪を抱いた志摩くんは、何かの答えを出したようで…?

ここではスキップとローファー番外編と57話のネタバレ考察、感想、展開予想などをお伝えしていきます!

\次話はこちらから/

>>スキップとローファー58話の展開考察<<

\最新話はこちらから/

>>スキップとローファー最新話の展開考察<<

スキップとローファー57話の展開を予想してみた

ここでは、高松美咲著『スキップとローファー』(講談社)57話以降の展開について考察します。

前話までのネタバレを含みますので、未読の方はご注意ください。

単行本や最新話が掲載されている月刊誌「アフタヌーン」は、電子書籍配信サービス「まんが王国」での購入がお得♪

講談社のサービス「コミックDAYS」は待つと無料で読めるので、そちらを利用される方も多いです。

80%還元デーを知らなくて損した人が悲惨すぎると話題!

スポンサーリンク

前話までのおさらい

スキップとローファーScene56「くたくたの帰路」では、

  • 女子たちが最終夜に恋バナを開始、現在恋をしているのは誠(相手は先輩)だけ
  • みつみは志摩への想いを「友だちになりたい」の方が強いと分析
  • 結月は初恋はまだだけど、夢は獣医になったと話す
  • 一方、迎井が志摩に旅に来てよかったと言うと、素直に同意
  • しかしそこに梨々華から連絡がきて、志摩が子役をやめるきっかけの人物(酒を飲む打ち上げに小学生の志摩を誘った)の目撃を伝える
  • 翌日、くたくたになりながら帰宅、志摩はみつみの寝顔を見て照れる
  • 志摩以外のメンバーが家族に旅の思い出を伝え、なごやかに過ごす
  • 志摩だけは石川旅行を伝えなかったので母親に注意され、逆ギレして家を出る
  • 一人になって思うところがある様子
  • 次号は番外編!

ここからどうなっていくのでしょうか?

展開を予想していきます!

スポンサーリンク

展開考察①|誠と本多先輩は文化祭で近づく?

スキロー56話の恋バナで唯一恋をしていると正直に打ち明けた誠。

「先輩」ということは、相手は前に本屋デートをした先輩(5巻)でしょう。

文学部の一学年上の「本多先輩」。

誠は緊張していて、うまく話すこともできず、ネガティブになってデートは終わっていました。

ただデートの後、先輩が誠のことをカワイイと思っていたし、誠はまっすぐで優しくて、こびなくて、本当に愛すべき人なので脈ありでしょう。

スキップとローファー5巻27話の本多先輩
こちらが脈ありの様子を見せる本多先輩、誠のフルネームは久留米誠
高松美咲著『スキップとローファー』(講談社)5巻27話より引用

56話の表紙の浴衣姿の誠も凛々しくてステキでした。

それでも、誠が口に出してみんなに伝えたことで、次に誠が先輩に会った際、妙に意識してやらかすというのはありそう。

本多先輩は3年…夏が終われば受験でより一層忙しくなるので、部活からは離れることになるかと思います。

文化祭で距離を縮める展開もあるかも?

スポンサーリンク

展開考察②|志摩くんが飲酒事件の当事者に会う?

スキロー56話では、志摩が梨々華からの連絡を受けて沈み、母親に逆ギレ。

クラスメイトやみつみの前とは違う悪い顔を見せています。

ただ本人もその態度は良くないと感じているようで、何らかの対策をする様子。

良い方面の変化を求めるのであれば、飲酒事件の当事者と会って話をすることになりそうです。

話をするのであれば、どうしてあの時、小学生である自分を酒の出る打ち上げに誘ったのか、本当に志摩を気遣って気晴らしさせようとしたのか、それとも生意気だと思っていたのか、といったこと。

56話の写真を見る感じだと、ちょっと印象が悪い…。

本当に志摩のことを弟のように思っていたけれど、そうであっても才能あふれる志摩への嫉妬がなかったわけではないというパターンもありますよね。

悪化する方の変化だとすれば、家から出る展開。

家から出ると言っても志摩はまだ2年、大学進学は難しいでしょうから留学とか。

スポンサーリンク

展開考察③|みつみちゃんの恋バナにミカたち驚く

スキップとローファー57話の表紙
57話表紙[1]高松美咲著『スキップとローファー』(講談社)57話より引用

スキロー56話では、みつみが帰ったらミカたちに別れた話をしようと考えていました。

ミカ、誠、結月、聞いたらみんな驚くでしょう。

ただ56話ですでに二人の関係性を予感していたので、納得とみつみの抱えるモヤモヤの理解は早そうです。

ミカは少し複雑になるかもしれませんが、旅行で一区切りつけたし、迎井との間にフラグらしきものが立っているような感じもあるし大丈夫かと思います。

56話の表紙にミカと迎井がいないことも、何となく気になります。

誠は本多先輩に片思い中なので、付き合ってどんな感じだったとか、どんなことをしたのかとか、詳しく聞きたい部分はありそう。

恋をしたことのない結月も、どういう感じで恋に落ちたのか、好きになったのかは気になるところではないでしょうか。

そして全員が、二人の恋は終わっていないと思いそう。

スポンサーリンク

展開考察④|読者は旅行の終わりを惜しみつつ新展開に期待

スキップとローファー56話を読んだ読者の気になる反応をピックアップ。

読者は旅行の終わりを惜しみ、志摩くんを心配していました。

ただみつみが救ってくれると信じる人も多く、作品のキャッチコピー「この子といれば、いつのまにかハッピー。」どおりになる日は来そうです。

あとは誠の恋の行方、ミカの受け止め方、迎井を始めとしたみんなの帰宅風景についても反響が多かったですね。

この旅で迎井ファンは増えたようだし、今後ミカ関連でも登場回数は増えそうです。

一方、山田は…

スポンサーリンク

スキップとローファー番外編ネタバレ

スキップとローファー番外編は、2023年11月25日(土)発売の月刊アフタヌーン1月号に掲載。

内容は次のとおり。

スキップとローファー番外編ネタバレ|ショート&4コマ

  • 山田は浴衣姿の友枝ちゃんにメロメロ、世界中に自慢したくなる
  • 志摩くんが深夜、みつみ父と遭遇してスイカを食べる
  • ナオちゃんも志摩くんの挙動不審を目撃していた
  • タッちゃんの好みは誠だったので志摩くん安心
  • 志摩くんの弟慧理(けいり)くんがさらに歩み寄る
  • 57話は2023年12月25日発売号に掲載

スキップとローファー番外編ネタバレ感想考察|よかったね志摩くん!

スキップとローファー番外編は54話ラストやきもちシマスケと55話冒頭の隙間にあった?
番外編の出来事はここの隙間にあった?[2] … Continue reading

番外編では夏の間に起きたことが描かれていました。

本編でも活躍したことも影響しているのか、志摩くんの内容が多め。

ただ本編と違って、タッちゃんがライバルにならずに済んだこと、けいりくんとまた少し仲良くなったことなど、良いことばかりです。

そういえば54話で志摩くんがタッちゃんに対し、やきもちを焼いている描写がありましたが、55話では普通に仲良さそうでした。

この「タッちゃん-♡→誠」という番外編の出来事が、54話と55話の隙間にあったのでしょうね。

ちなみにタッちゃんが誠のことをいい感じだと思うのは、誠が恋をして磨きがかかっていることも関係しているのかもしれません。

けいりくんの話はおそらく旅行後かと思います。

お兄ちゃんが旅行中で寂しかった反動が出ているとか…?

相変わらずかわいいです。

志摩くんが母親との関係を含めた問題を解決する章に入りそうなので、けいりくんが本編に再び登場する日も近いのではないでしょうか。

そうであってほしい!

スキップとローファー57話ネタバレ

スキップとローファー57話は、2023年12月25日(月)発売の月刊アフタヌーン2月号に掲載。

内容は次のとおり。

スキップとローファー57話ネタバレ|タイトルは「ほくほくの登校日」

  • 登校日、みつみがミカたちに志摩と付き合っていたことを話して驚かれる
  • みんなでお揃いのハンドメイドブレスレットをつくって下校へ
  • 誠がみつみの志摩を気遣う気持ちを「BIG LOVE」と表し、付き合いたいという気持ちの強さが好きの優劣を決めないと話してエモがられる
  • 志摩は演劇部の活動についてやる気が出ていて、兼近先輩に喜ばれる
  • 夏休み終了
  • みつみは登校中に氏家と八坂に会う
  • 前生徒会長の高嶺が前々生徒会長の風上に対し、物販をしないのかと詰め寄る
  • 風上はダルいと笑う

スキップとローファー57話ネタバレ感想考察|志摩のやる気と風上のやる気のなさが不穏

スキロー57話では、夏休みの終わりと夏休み明けが描かれました。

誠の感性とそれを言葉に表す力が素晴らしく、志摩に複雑な想いを抱いてしまうミカたちが可愛らしかったです。

ただ志摩がやる気を出しているところ、風上のやる気がないところが何となく不穏でした。

志摩は演劇部の大会で結果を残したら何かをしようかと決意しているのでしょうか?

風上の文化祭の物販をやらない影響については分かりませんが、高嶺があんなに慌てるということは、まずいことなのでしょう。

みつみにも影響が出るのか、ここから高嶺とのフラグが立つのか…。

個人的に高嶺にはサッカー部の男子とどうにかなってほしいのですが。

\次話はこちらから/

>>スキップとローファー58話の展開考察<<

\最新話はこちらから/

>>スキップとローファー最新話の展開考察<<

スポンサーリンク

脚注

脚注
1 高松美咲著『スキップとローファー』(講談社)57話より引用
2 作品画像左:高松美咲著『スキップとローファー』(講談社)54話、右上:2023年11月25日発売『月刊アフタヌーン』2024年1月号掲載番外編、右下:55話より引用