【呪術廻戦】246話感想考察|日車が伏黒救出作戦の要!宿儺も興味津々?

【呪術廻戦】最新話246話展開考察|虎杖と脹相のコンビプレーと日車が答えを出す?呪術廻戦

2023年12月25日(月)発売の週刊少年ジャンプ掲載の『呪術廻戦』246話ネタバレ考察速報をお届け!

呪術廻戦の前話245話では、秤は裏梅相手に善戦するも、裏梅はまだまだ戦えそう。

宿儺は呪具を没収されただけで術式は奪われず、反撃を開始。

日車と日下部先生が宿儺の刃を受けてしまいましたが…?

\次話・最新話はこちら/

【呪術廻戦】247話ネタバレ考察

【呪術廻戦】最新話ネタバレ考察

呪術廻戦246話の展開を予想してみた

芥見下々著『呪術廻戦』245話では、日車が渋谷の大量殺人の件を再審するも宿儺は術式を奪われずに反撃。

読者の声、今後の展開予想は次のとおり。

スポンサーリンク

展開考察|日車の「死にたいの?」と聞いたのは虎杖?

呪術廻戦245話では、日車が宿儺の反撃を受けました。

その直前、「日車は死にたいの?」という声を思い出しています。

今後246話ではその声の主が判明して、日車が死地に赴いた理由が判明、一矢報いる展開に繋がるのではないでしょうか。

声の主は口調からすると、虎杖とか乙骨っぽいです。

新宿決戦前、「戦いに参加すると死ぬ確率が高いけど大丈夫?」的なニュアンスで聞かれた感じでしょう。

日車は罪と罰、罪人の処遇と法制度について誰よりも頭を悩ませていた人物。

罪人はどうなるべきか、その答えが分かったのかもしれません。

スポンサーリンク

展開考察|虎杖と脹相の兄弟プレーと猪野の活躍

呪術廻戦246話は巻頭カラー、主人公もしくはラスボス宿儺の活躍が存分に見られそうです。

虎杖が活躍するとすれば、横にいる「お兄ちゃん」こと脹相とのコンビプレーではないでしょうか。

加茂が虎杖に血を操る技を教えていたようだし、「赤鱗躍動」で自らの血で攻撃、あるいは宿儺の血を操作するとかもあるかもしれません。

あと猪野や日下部先生の活躍も見られそうです。

特に猪野はナナミンにも期待されていた、有能な術師。

渋谷事変ではパパ黒に持っていかれてしまった感がありますし、新宿決戦前にナナミンについて話があると五条たちに言っていました。

猪野の降霊術「来訪瑞獣」は本来なら4つの瑞獣を憑依させるものですが、条件付きなら別のもの(例えば味方の魂とか術式)を出せるとかそんな変則技が披露されたりするのかも…。

あとは虎杖ができるっぽい体の交換も猪野の技と関係していると判明するとか。

何にせよ猪野が何らかの希望を示すのではないでしょうか。

日下部先生は今回もフォローに徹する気がしますが、今回も生き残ってほしいですね!

スポンサーリンク

気になる読者の声|さすがです宿儺様!でもせめて2023年中は生かしておいて!

呪術廻戦245話を読んだ読者の気になる感想、予想、考察をピックアップしました。

呪術廻戦245話を読んだ読者は、ルールの複雑さについて言及する方が多かったです。

また、日下部先生と秤の評価が高かったです。

戦いたくない日下部先生ですが、なんだかんだいつも身を挺してフォローに回ってくれる姿は本当にかっこいいですよね。

秤は裏梅相手に善戦しているところ、乙骨と認め合っている関係性が発覚したところに反応がありました。

裏梅の今後の攻撃は見た感じだと物量で押す感じですが、秤が切り抜けたところでとっておきを仕掛けるというのもありそうです。

そして、年内最後にたくさん味方が死ぬのは勘弁してほしいけど厳しそう、というのは共通していました。

2024年で完結するとジャンフェスでにおわした呪術廻戦。

終わりに向けて、戦いはさらに過酷なものとなっていきそうですが、まずは2023年、味方の死者数が増えずみんなで生還してほしいです。

スポンサーリンク

【呪術廻戦】246話ネタバレ

『呪術廻戦』246話は、2023年12月25日(月)発売の週刊少年ジャンプ2024年4・5合併号に掲載。

内容は次のとおり。

【呪術廻戦】246話ネタバレ|タイトルは「人外魔境新宿決戦⑱」

  • 日車が深手を負うも日下部先生がフォロー
  • 宿儺が全員の防御力UPに気づき
  • 日下部が世界を斬る斬撃や炎はとりあえずないだろうと仮定、死ぬのは嫌だけど頑張ることにする
  • 脹相が宿儺の攻撃を喰らったあと、七海の術式を呪具化した刀を持った猪野が攻撃
  • 虎杖と日下部の攻撃を宿儺がいなしていると日車が宿儺にぶん投げられる
  • 宿儺と虎杖がかけっこ、その先で日車が着地、回想スタート
  • 日車は開戦前に乙骨、真希、虎杖に対し、処刑人の剣の効果を説明、宿儺を斬れれば伏黒が無傷で取り返せるはずと話す
  • その後、虎杖が日車に死にたいのかと尋ね、日車が役割を全うして死にたいと告白、回想終わり
  • 日車が領域展延、そして処刑人の剣を再び展開
  • 宿儺は日車の才能を五条悟と同等と認めて魅せられる

【呪術廻戦】246話ネタバレ感想考察|猪野ってそんなことができるの?

呪術廻戦246話では、宿儺相手に奮闘しました。

これ以上誰も死なないまま2023年を終えられて良かったです。

246話では、日車の覚醒とそれに期待を抱く宿儺が良かったですが、日下部先生も相変わらずやるときはやる男でステキでした。

あと猪野。

ナナミンの術式を呪具化していたなんて驚きました。

猪野の才を認めていた七海なので、生前猪野にお願いしていたことかもしれません。

もしそうでないのなら、今後も亡くなった仲間たちの術式もどんどん降ろせないものか…。

それから伏黒の救出の手段が具体的に示されたのも良かったです。

宿儺によって魔に沈められた伏黒ですが、虎杖なら何とかしてくれる、はず。

\次話・最新話はこちら/

【呪術廻戦】247話ネタバレ考察

【呪術廻戦】最新話ネタバレ考察

スポンサーリンク