ワンピース1106話感想考察|ルフィがニカ化してエルバフの戦士が迎えに来た!

ワンピース最新話1106話展開考察|島に近づく勢力の正体とは?ボニーたちの救世主はニカかそれとも…ワンピース

2024年1月29日発売の週刊少年ジャンプ掲載のONE PIECE(ワンピース)1106話のネタバレ考察速報をお届け。

ワンピース前話1105話では、バスターコール発動で島内が騒然。

ボニーとくまはパシフィスタに攻撃されそうになるし、謎の勢力がエッグヘッドに向かっているという情報も判明しました。

オハラの悲劇の二の舞を避けられるのでしょうか?

ここではワンピース1106話のネタバレ考察、感想、展開予想などをお伝えしていきます。

\次話はこちら/

>>ワンピース次話1107話の展開考察<<

\最新話の詳しい考察はこちら/

>>ワンピース最新話の展開考察<<

ワンピース1106話の展開を予想してみた

ここでは尾田栄一郎著『ONE PIECE』(ワンピース、集英社)1106話以降の展開について考察していきます。

ちなみに週刊少年ジャンプは集英社公式サイト「ジャンプ+」(アプリあり)での定期購読がお得!

展開考察|前話までのおさらい

まずはワンピース1105話”愚の骨頂”をざっとおさらい。

ワンピース1105話では、

  • バスターコール発動で海兵に島外へ出るよう命令が下る
  • サターン聖と黄猿が残るとなったあとベガパンクがやめろと言い寄る
  • サターン聖は人類は進歩しなくていい、昨日島から脱出させた船も追撃するよう命じたと話す
  • サンジがフランキー、アトラス、ボニーに真空ロケットに入るよう指示して、ベガパンクを迎えに行く
  • ナミ、エジソン、ロビン、チョッパー、ウソップは裏口にいる
  • ブルックはリリスと一緒に船を移動させている、ただ地面を凍らせての移動なのでブレーキなし
  • 真空ロケットが発射したところで黄猿が攻撃、サターン聖がくまとボニーを攻撃するようパシフィスタに命じる
  • ルフィはお腹いっぱいで動けない
  • その頃、脱出船撃破を命じられた海軍の船が何者かに撃沈される、襲撃犯はエッグヘッドへ

以下で読者の反応、今後の展開などを考察していきます。

スポンサーリンク

展開考察|エッグヘッドに向かった「あいつら」とは?

ワンピース1105話では、何者かが政府の船を沈めて、エッグヘッドに向かっていることが判明。

近くにいそうな人たちで、戦闘力がある人と言えば、

  • 黒ひげ海賊団
  • シャンクス
  • 麦わら大船団
  • クロスギルド 等々

黒ひげ海賊団だとすると距離的にはデボンとラフィットですが、オハラの悲劇について強調される描写もあったしクザンもありそう。

前回のバスターコールに思うところがあったであろうクザン。

バスターコールを今度こそ止めようという展開になるのではないでしょうか。

意外性ではシャンクスやクロスギルド、麦わら大船団。

麦わら大船団が来るとすれば、ルフィの子分にケジメをつけなきゃと言っていたシャンクスも来そうです。

四皇全員が集結する展開に繋がる…?

スポンサーリンク

展開考察|くまとボニーはパシフィスタに撃ち抜かれる?

ワンピース1105話では、くまとボニーがピンチとなりました。

くまのクローン兵器であるパシフィスタに攻撃されそうになったのです。

くまは動けないようですし、誰が助けるのでしょうか?

一番近いのはフランキー、アトラスですが、ボニーたちと同じく落下中なので助けられる状況ではありません。

となると1105話で助けようとしていたサンジ。

ただ黄猿もいますし、助けようとするサンジを黄猿が抑え、別の誰かが助ける展開の方がありそうです。

満腹で動けないルフィが何とかするのか、他の仲間や第三勢力が来るのか、今度こそ古代ロボがくるのか…。

このタイミングではないかもしれませんが、ルフィがニカとなって二人を助け、ニカを知ったボニーがニカ化して父を守る展開はどこかで入りそう。

スポンサーリンク

展開考察|ルフィに肉を与えたのは黄猿かカリブー?それとも…

干からびているルフィに誰かが食べ物を与えていましたが、これは誰なのでしょうか。

二大候補として、

  • 光の速さ、らーめんの器の柄からして黄猿
  • 透明になれるし前も同じことがあったのでカリブー

が考えられます。

サターン聖の目をかいくぐれる人物で他に考えられるのは、島に近づいていた黒ひげの船の誰か、あとは逃走中のロー…それどころではなさそうですよね。

スポンサーリンク

展開考察|読者はあいつらと黄猿の本心を考える

ワンピース1105話を読んだ読者たちの気になる感想をピックアップしました。

読者は「あいつら」が誰なのかを考え、黄猿の真意について考察を重ねています。

倒そうと思えば倒せるのに、誰も傷つかないよう真空ロケットを斬っていたという声もありました。

確かに!

黄猿だけ残ればいいのにサターン聖も残ったりしているあたり、黄猿の忠誠心を信じきっていない感じにも思えます。

寝返るタイミングを待っていると信じたい…。

また、ルッチと戦っていたゾロが迷子になってジンベエが迎えに行っているという情報に反応する読者も多かったです。

もはやお約束の迷子ですが、思わぬ発見や思わぬファインプレーに繋がるかもしれませんね。

スポンサーリンク

ワンピース1106話ネタバレ

ワンピース1106話は、2024年2月5日発売の週刊少年ジャンプ2024年10号に掲載。

内容は次のとおり。

ワンピース1106話ネタバレ|タイトルは「きみの味方」

  • 謎の船がエッグヘッドに近づく
  • ルフィが食べ物を一気に消化、ニカ化して海兵をふっ飛ばす
  • ベガパンクがボニーに「撃たないで、島から逃がして」と言えばいいと伝える
  • ボニーが言う通りにするとパシフィスタは停止して海兵を攻撃し始める
  • ベガパンクがパシフィスタに対し、ボニーに危害を与えないようプログラムしていたことを回想
  • そのことに気づいたサターン聖がベガパンクを刺す、黄猿もフランキーらに攻撃を開始
  • ニカ化したルフィがやってくる、ボニーも目撃
  • ベガパンクはバスターコールなど無駄、世界中にニカを待っている人がいると言う
  • エッグヘッドにやってきたのはドリーとブロギー率いる巨兵海賊団と判明
  • 次号休載、ワンピース1107話は2月19日発売の週刊少年ジャンプ12号に掲載

ワンピース1106話ネタバレ感想考察|??

ワンピース1106話ではルフィを始めとした色々なものが動き出しました。

ルフィも言っていたとおり、ますますエッグヘッド編が楽しくなってきましたね!

エッグヘッドにやってきたのがドリーとブロギーというのは予想外でした。

最後に出てきたのは1079話でシャンクスとともにキッド海賊団を壊滅させたときですよね。

約一年ぶり。

ルフィがニカに覚醒したことを知ってエルバフに行き、シャンクスと語らい、その足でこちらに来たということでしょうか。

ルフィたちとはリトルガーデン編以来ですよね。

リトルガーデン編のラストで、ドリーとブロギーはまた会おうって言っていましたが、ルフィがゴムゴムの実の能力者だからいずれニカになると知っていたのでしょうか。

もしそうならドリーたちのケンカも、ただの獲物の大きさを決めることが発端のケンカをつづけていただけでなく、牙を研いで待っていたということにもなりそう。

何にせよ彼らの活躍が楽しみですね。

迎えに来たということはどこかに連れていきたいということ。

リトルガーデン編でドリーとブロギーは「血に染まるヘビ」だけは貫けないと言っていましたが、レッドラインではないかという噂がありますが、いよいよマリージョアに行く…?

\次話はこちら/

>>ワンピース次話1107話の展開考察<<

\最新話の詳しい考察はこちら/

>>ワンピース最新話の展開考察<<

スポンサーリンク